FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

足と靴と健康の店 ボガーが提案する 外反母趾の本当の治し方!!

足と靴と健康の店 ボガーが提案する 外反母趾の本当の治し方!!
1. 外反母趾の本当の理由とは?
  皆さん、外反母趾と聞くと、私長い間ヒールの高い靴を
  履いていたから仕方ないわ・・・。と言われるお客様がほとんどです。
  しかし、私が見ている限りでは、必ずしもそうではないと言う事が分かってきました。
  ところで、皆さん、開帳足をご存知ですか?
  それは、足の幅が広がってしまっている状態の事です。
  100% 外反母趾の方は開張足です。
  これが、どの様に外反母趾と関係が有るのか?、どうして、開帳足になるのか?
  をご説明していこうと思います。

2.  足の裏の横アーチ 縦アーチをご存知でしょうか?
足の裏は平たくなく アーチという構造になっています。
それが、着地時の足のクッションになっていて、長い間、歩いていても疲れにくくなっています。
それが、毎日の生活習慣により、崩れてしまうのです。
足の指の間には、背側骨間筋(横アーチ筋)という、筋肉が有ります。
それは、足の指先を使わない、歩き方をしていると退化してしまいます。
そうすることにより、横幅が広がり—開帳足になります。

足の裏の筋肉のつながりが有ります。
横に幅が広くなると、足の裏の筋肉が指先から内側に伸びている筋が有ります。
それが、引っ張られるので、親指が外反(つまり外側に傾きます)になります。
それが、外反母趾なのです。ですから、まず初めに、

A. 歩き方、立ち方が悪い、生活習慣から始まります。
B. アーチ筋の退化、代三関節の硬化。
C. 外反母趾、内反小趾 親指の捻じれ 浮き指 魚の目 タコ になります。

よく、テーピングが良いと言う様な話を耳にします。
しかし、それは、根本的な解決にはなりません。
テーピングが良いのは、歩く時に、痛くてなかなか歩けない、と言う時に
使うと良いと思います、そして、指先を使って歩く練習をするのです。
外反母趾の特徴
100%の方が浮き指です、何故なら、指を着けないで歩いているからです。
その為、指の手前の皮が厚くなっています。
① 魚の目 タコ 人差し指の付け根--開帳足の為。
② 指の上の関節にタコが出来る—浮き指の為。
③ 親指のねじれによる、親指の内側のタコ。
④ 内反小趾--歩き方により、外反母趾にもなる。
⑤ 親指がねじれてくると、シッカリと歩けなくなるので、治すのが大変になる。
何度も言いますが、外反母趾は歩き方、立ち方、から始まる、生活習慣病だったのです。
ですから、今日からでも、歩く時、立ち上がる時には、足指を使うようにしましょう!!

〒411-0855 静岡県三島市本町2-8 足と靴と健康の店 ボガー
           TEL 055-973-0135 E-mail info@bogar.jp Skype ID bogarjp

スポンサーサイト

2013 春、夏物商品入荷致しました!!

2013 春、夏物商品入荷致しました!!
今年のラインナップも履きやすく好評です!!

昨年の12月16日、先代、社長 菊地豊が他界致しました。
皆様からは、色々とお世話になりました。
大変、有難う御座いました。
私、菊地 敬が2代目社長に継ぎました事を御報告致します。
今まで、前社長とのご好意を是非、引き続き宜しくお願い致します!!
2013年02月19日16時02分12秒
2013年02月19日16時02分11秒

文字色

大きなメンズサイズの靴でお困りの方へ。



当店では、メンズの大きなサイズを取扱っています。
28.0cm
29.0cm
30.0cm
ブランドは、主にlass &friss です。

ボン ステップが安い!!

今だけです!! 通常は絶対にしない、ボンステップのセールのご案内です。
¥18690を¥12000
¥17640を¥11000にて今だけのセールをしております。
お早めにどうぞ!!

DSC_0603.jpg

DSC_9991.jpgBon-step No.7010 \18690を¥12000

DSC_9994.jpgBon-step No.7010 \18690を¥12000 

DSC_9997.jpgBon-step No.7010 \18690を¥12000

DSC_0001.jpgBon-step No.5658 \18690を¥12000

DSC_0004.jpgBon-step No.5658 \18690を¥12000

DSC_0007.jpgBon-step No.5658 \18690を¥12000

DSC_0010.jpgBon-step No.5553 \17640を¥11000

DSC_9988.jpgBon-step No.5656 \17640を¥11000

お早めに!! ご注文はinfo@bogar.jpまで御連絡を下さい。

足のトラブルは靴で治そう!!

DSC_0446.jpg
1.幅の広い靴がよいと言うのはウソ!!
 まず、貴方は足の広い方でしょうか??
 実際は足の狭い方なのに私は幅広と言っている方が多く居ます。
 それは、当然、足が靴の中で遊んでしまうので良くありませんね。
 あと、皆さんがお買いになる幅広と言う靴はほとんどが
 指の付け根だけが広くて、指先になると狭い靴がほとんどです。大切なのは
 指先にゆとりがある靴を選ぶという事です。
2.柔らかくて、伸びる靴が良いというのもウソです!!
 どうして、靴が伸びるしつようが有るのでしょうか??
 足の形に合っているのでしたら、何も伸びる必要は無いはずです。
 大体、柔らかい靴と言うのは、その場限りで長く履くと疲れてしまいます。
 このように、柔らかいだけの靴は良く有りません。
3.軽い靴が良いというのもウソです!!
 よほど足に力が無く、歩くのが大変と言う方は別として、有る程度の重さが
 有るほうが歩き易いです。
 丈夫で足を守る機能が有る靴はある程度の重さがあります。
 足には思った以上の力があります。
 それに、軽い靴は素材や強度が犠牲になっている、場合が多いです。
 靴が壊れやすかったり、磨り減りやすかったり、直ぐに変形してしまう靴があります。
 よく、靴を手に取ってこれは重い、と言うお客様がいらっしゃいますが
 靴は手で履くものではありません。
 靴は、自分の体重の何倍という、重さに耐えられなければなりません。
 それなのに、軽い靴ではどうしても作りが弱くなり自分の体重を支えられず
 疲れやすいと言う事になります。
 足で履いて有る程度の重みが有るほうが、良いのです。
4.大き目の靴が良いと言うのもウソです!!
 靴選びで大切なのは、有る程度、足にフィットしていて、
 靴の中で足が前後に動かないのが良いです。
 ですが、最近の特に若いお客様では、2~3サイズも大きい靴を履いている
 方もいらっしゃいます。
 女性では、あまり大きくてズルズル履いているのはあまりカッコいいとはいえませんね。。。
 大きい靴の中では、足が前にいってしまいかえって足のトラブルの元になります。
5.3E・4Eがよい靴と言うのもウソです!!
 この表示は、足の付け根だけのサイズですから、つま先はどんなに細いのでも関係有りません。
 ですから、前にも述べたように足に良いはずが有りません。

 ★☆私達、靴と足と健康の店 ボガーでは、靴のシューフィッターがお客様一人一人の足のサイズをお計りしてから
 靴をお勧め致しますので、是非、お近くにお寄りの時は、ご来店下さい!!


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。